名古屋MGカークラブ    
 
   名古屋MGカークラブ公式ウエブサイト  
TOPクラブ 概 要スケジュールお問い合せクラブ リンクメンバー ページ旧 HP

「BRITISH CLASSIC CAR MEETING 2024」

  開 催 日 2024年5月26日(日) 
   開催場所 名古屋市鶴舞公園 
  主     催 鶴舞公園整備運営事業共同事業体
  協     力 名古屋MGカークラブ 

  「BRITISH CLASSIC CAR MEETING 2024」  
 
MG発祥の地であるアビンドン=オン=テムズは、英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)のイングランドに位置します。
そのイングランドの国花である薔薇が満開を迎えた鶴舞公園の依頼を受けて今年もブリティッシュ・クラシックカー・ミーティングを開催いたしました。

昨年、リニューアルしたTSURUMA GARDENの敷地内にはカフェやレストラン、テイクアウトショップ、マルシェなどもあり、これまでの鶴舞公園が大いにイメージチェンジしました。しかし、明治42(1909)年に名古屋市が最初に設置した歴史ある公園でもあり、近代フランス式の洋風庭園は正面入口からヒマラヤ杉のアプローチ、その奥にはローマ様式の噴水塔、直ぐ近くには昭和5年(1930)完成のロマネスク様式の名古屋市公会堂{ロックの殿堂}もあり、クラシックカーとの相性も良いエリアです。実は現在放送中の朝ドラのロケ地としても頻繁に登場しています。

当日はMGを中心にTRIUMPH、JAGUAR、RILEY、DELAGE(英国コーチビルダー製)のクラシックカーが愛知県はもとより三重県や奈良県からもエントリーくださいました。
合わせて27台が正面入口から噴水塔にかけて展示されると公園を訪れた市民の方たちが興味深く鑑賞してくださり、 質問を受けたオーナーも愛車の説明についつい熱が入っているようでした。
また、今年5月下旬までは「MG100周年」の記念イヤーとなっていることを祝して、MG生みの親であるセシル・キンバ―氏の等身大写真パネルが登場して、エントラントやその愛車とともに記念写真におさまりました。
さらに、エンジンのヘッドカバーを改造したロッカーカバーカー・レースも2ヒート開催されて多くの観客を集めました。見事総合優勝されたS.O.さんには前述のキンバ―氏の等身大写真パネルが贈られました。
午後3時の閉会式を終えてエントラントが愛車と共に会場を後にする際は多くの市民の方々が名残惜しそうに、中には手を振って見送る方へオーナーが応えたりする様子も見られました。

今後もBCCMが市民の方々そしてエントラントの皆さんにとって楽しい一日となり、同時に鶴舞公園が一層魅力的な場所として受け継がれていく一助となれば我々にとって大きな喜びです。

Keep on driving MG!
M.K.

 

Photo : Y. Inoko,

 
噴水塔前


    
開催あいさつ

 
集合写真

 会場噴水前

 
会場写真

 
 

 

 
 ロッカーカバーレース

 
ロッカーカバー総合優勝 大津さん